脂肪吸引手術と脂肪吸引処置

脂肪吸引手術と脂肪吸引処置

脂肪吸引の手術中、手術直後の事故以外で一番問題になるのは吸引処置の均一さが確保されないことです。脂肪吸引ではそのためエンダモロジーなども勧められます。また脂肪吸引でも少な目の吸引が勧められます。これは脂肪吸引をあまり派手に行いすぎると表皮の組織と筋肉の組織の間のクッションが失われて癒着が起こり見た目が損なわれるためです。

頬の脂肪吸引の場合、耳の後ろの目立たない場所に入り口を作り吸引するのが一般的です。頬骨の下を中心に吸引するとやつれて老けて見えるので、輪郭を中心に脂肪を落としていくことが重要です。そうすれば小顔に見え、しもぶくれが解消され、若々しい表情になります。吸引後の内出血はほとんどありません。

脂肪吸引とは特殊な装置を使ってお腹や太腿などの脂肪を吸引して取り出し体型を整える美容整形手術のことです。脂肪吸引量に限界があるため、ダイエットとしての効果は少ないです。脂肪吸引は脂肪細胞自体が減るのでリバウンドはないといわれています。ただ個人差があるのでしっかり脂肪吸引のカウンセリングを行うことをおすすめします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。